麻雀

麻雀点数計算

麻雀の点数計算には「符」「翻」という要素が絡んでおり、符数に翻数だけ倍々計算をして10の位を切り上げるのが基本の麻雀点数計算方法になります。

【麻雀点数計算式】

子 16×符×(アガリ役の数だけ2を掛ける)

親 24×符×(アガリ役の数だけ2を掛ける)



アガリの数だけを2を掛けていくので倍々計算と言われています。

 (例)子の40符3翻の場合  16×40×2×2×2=5,120 切り上げで5,200点

翻数はアガリ役がわかればわかりますが、符数がいまいちわからない方は多いと思います。

符はどんな時でも上がればもらえる20符に暗刻などがあった時に付く符を足してこれも1の位を切り上げて数えます。

【符が付くパターン】
面子で付く符
中張牌の明刻
2
一・九・字牌の明刻
4
中張牌の暗刻
4
一・九・字牌の暗刻
8
中張牌の明槓
8
一・九・字牌の明槓
16
中張牌の暗槓
16
一・九・字牌の暗槓
32
待ちで付く符
ペンチャン待ち
2
カンチャン待ち
2
単騎待ち 2
その他
面前ロンアガリ 10
ツモ(付かない時もある) 2
役牌の頭 2


麻雀点数計算の特殊なパターン

七対子
   25符固定

符のない、非メンゼン型
   以下のような符のない、非メンゼン型は麻雀計算式からいくと20符
   どまりですが、30符で計算します。
         ツモ

平和ツモ
   ツモ符の2符もつきません。平和は符の付かない役です。

このページのトップへ

麻雀点数計算表へ

HOT!




相互リンク募集中