麻雀

麻雀(半荘戦)の概要

麻雀の基本かつ一般的な半荘戦を解説します。

4人のプレイヤーがテーブルを囲み、130枚あまりの牌をやり取りして役を揃えることを数回行い、得点を重ねてゆくゲーム。半荘戦の勝敗は麻雀終了時における得点で決定される。日本においては34種類136枚の牌を使うのが一般的で、麻雀卓と呼ばれる麻雀専用のテーブルが用いられる。麻雀に使用する道具や採用するルールについては国や地域によって異なる点が多く、日本国内でも標準的とされる麻雀ルールのほかにローカルルールが存在する。ローカルルールは基本さえわかってしまえば、プラスαなのであまり気にしなくても大丈夫です。この項目の最後の方に私の知っているローカルルールを一部公開します。

麻雀(半荘戦)の流れ

半荘戦の流れを解説します。

1.場所決める
2.親決める
3.牌を積む
4.牌を取っていく
5.手牌の組み方
6.鳴く方法
7.誰かがあがるか、流局になったら終了

麻雀

HOT!




相互リンク募集中