麻雀

6.鳴く方法

面子ができそうな時に時に鳴くことができます。

@チー
面子のうち、連番のもの(順子)があと1枚でできる時、欲しい牌を上家が切ったら鳴いて自分の牌にできます。この時なく人は「チー」と言います。その後いならい牌1枚を切ります。

※鳴いてできた面子は鳴いた人から見て右下に図のように揃え、その対局が終了するまで手牌に戻したり、切ったりすることはできません。


       

Aポン
手牌に同じ牌が2枚あり、他家がその同じ牌を切った時、切った牌を自分の牌にすることもできます。この時なく人は「ポン」と言って鳴きます。その後いならい牌1枚を切ります。

※鳴いてできた面子は鳴いた人から見て右下に図のように揃え、その対局が終了するまで手牌に戻したり、切ったりすることはできません。


上家からポンした場合   

対面からポンした場合   

下家からポンした場合   

Bカン
手牌に同じ牌が3枚ある時、他家がその同じ牌を切った場合、またはすでにポンがありポンしている牌と同じ牌をツモった場合、カンすることもできます。この時なく人は「カン」と言って鳴きます。カンすると残して置いた牌山の左端から、嶺上(リャンシャン)牌といって1枚ツモり、いならい牌1枚を切ります。

※鳴いてできた面子は鳴いた人から見て右下に図のように揃え、その対局が終了するまで手牌に戻したり、切ったりすることはできません。


同じ牌3枚が手牌にある時 ポンがある時
上家からカンした場合


対面からカンした場合


下家からカンした場合
上家からしたポンがある時場合


上家からしたポンがある時場合


上家からしたポンがある時場合

※鳴いた際の注意点
・誰かが鳴くと鳴いた次の人から再開されます順番が変わります。
・槓をして、嶺上牌をツモってきてから、連続してカンをすることはできるが、チーとポンをした直後にカンはすることができません。
・局の一番最後のツモ牌は、カンをすることができません。
・局の一番最後の捨て牌はチー・ポン・カンはできません。


7.誰かが上がるか、流局になったら終了へ

このページのトップへ

麻雀ルール解説トップへ

麻雀

HOT!




相互リンク募集中