麻雀

2.親決め

@仮東の人がサイコロを振る。

A出た目に該当する人が仮親となり、仮親が再度サイコロを振る。

B仮親が振ったサイコロの出た目の人が親となり、起家マークを置きます。

Cサイコロを振った人から見た、出た目の人が仮東になり、起家マークを置いておきます。

※麻雀は、親と子があり、東家が親、南家・西家・北家が子になります。


D子の誰かがアガるか、誰もアガれず流局になると、親が移動します。

※この親が流れるまでを局といい、親が流れるまでの回数によって何本場と呼んだりします。


 (例)麻雀が始まった1ゲーム目は東1局
    親が上がった場合、流れずに東1局1本場
    子が上がった場合、流れて東2局

※4人全員が親をやり終え1回りしたら東場が終わり、南場に入っていきます。半荘戦では親が2回まわってきます。親が1回しか回ってこない対局を東風戦といいます。

3.牌を積むへ

このページのトップへ

麻雀ルール解説トップへ

麻雀

HOT!




相互リンク募集中