麻雀

1.場所決め

@東・南・西・北・イーピン・リャンピンの6枚を用意する。

※イーピン、リャンピンはマンズ、ソウズでも、偶数牌・奇数牌なら何でも良い。 ただ見やすさを考えたとき、マンズは少し不適当かも。現在は慣例としてイーピン、リャンピンを使うのが一般的。

A用意した6枚を混ぜ、全て裏返して横1列に並べる。

B6枚を1列に並べた対面の人がサイコロを振る。

Cサイコロを振った人から見た、出た目の人が仮東になり、起家マークを置いておきます。

D起家マークを置かれた仮東の人がサイコロを振る。

E最初に用意していた横1列の6枚を表にし、ピンズを近い方の端に持っていく。

 (例)  

F仮東の人から順に、出たサイコロの目が奇数ならイーピンから、偶数ならリャンピンから、6枚それぞれを反時計回り取っていく。このとき両端の牌を取る人は、風牌と一緒にピンズも持っていく。

G仮東の所に東を取った人が座り、反時計回りに南、西、北を引いた人がそれぞれ順番に座る。

※1半荘が終了するまでこの席順で対局を行い、次の半荘で再度場所決めを行います。この時、最初の6牌を並べるのは基本的にトップの人です。


2.親決めへ

このページのトップへ

麻雀ルール解説トップへ

麻雀

HOT!




相互リンク募集中