麻雀

無料3Dオンライン麻雀ゲーム 『雀龍門』

無料3Dオンライン麻雀「雀龍門」
・実際の麻雀の臨場感と緊張感を味わえる
・マウス操作だけで誰でも簡単に白熱した対局を楽しめる
・対局中のボイス演出や手の動きなど対局を盛り上げる要素が満載



「雀龍門」伝承物語

それは、4人が麻雀卓を囲み、136枚の麻雀牌を駆使して勝敗を競う、思考の楽しみを追及したゲームである。

現在残されている文献によれば、麻雀が中国から日本に入ってきたのは1900年代の前半とされている。当時、ある新聞に連載を持っていた夏目漱石が麻雀について言及しているくだりが見受けられることからも、ほぼこれに相違ないだろう。
以後、麻雀は日本でも広がりを見せ、昭和のはじめにはその最盛期を迎えた。そして、遊戯の発展とともに増えていったルールは戦後を迎えたあたりで統一の動きを見せ、やがて現代の麻雀へと至るのである。
そもそも麻雀の発祥については諸説あるが、有力なもののひとつとして、1850年代の中国・上海において、中国の伝統的な遊戯が発展したものこそが麻雀の起源だ、とした説がある。また、その創始者は陳魚門(チンイイメン)という人物なのだという。

しかし、麻雀には知られざる もう一つの歴史があった!

―――時は1700年代後半。

かつて中国の奥地に小さな都があった。そこでは役人の腐敗が進み、彼らの私腹を肥やすために重い税を支払わされている農民たちが、飢えに苦しむ毎日を過ごしていた。農民たちには武力と呼べるほどのものもなく、抵抗すらままならない日々は、もはや何の希望も無いように思われた。
そんな混沌としたなか、現状を覆すべく、ひとりの男が立ち上がった。

つづきはこちらから


アーケード麻雀を超える無料オンライン麻雀『雀龍門』

麻雀

HOT!